危険な脳動静脈奇形は早期発見で予防!命の危険性がある

関節

痛みを抑える薬で治療

リウマチは、自己免疫疾患の一つで、体に異常があると勘違いして攻撃を行うことで発生します。世田谷の医療機関ではいろいろな治療が受けられますが、痛みを緩和する治療だけでなく、根本的になくす治療なども行ってくれます。

脳血管の重大な病気

女医

どのような特徴があるのか

脳動静脈奇形の特徴、それは未治療の場合、血管の塊からの出血のリスクが常にあるということです。脳動静脈奇形とは、脳内の動脈と静脈が絡まり合うように塊となる疾患です。その塊には大量の血液が常に流れています。もしその塊が破れてしまうと、大量に出血してしまいます。脳内で出血するということは、くも膜下出血や脳内出血を起こすということにつながり、命の危険性があります。さらに、一度破れた塊は再び出血する確率が高いです。特に最初に出血してから1年以内の再出血率は年間約6〜18%と非常に高く、リスクが高い状態となります。脳動静脈奇形による血管の塊は、破裂していない時から頭痛や手足の引きつり等の症状が発症する場合があります。もし血管が破れて脳内出血を起こした場合、破れた箇所にもよりますが手足の麻痺や歩行困難などの運動障害、ろれつが回らなくなる言語障害、記憶や計算などが難しくなる高次脳機能障害などの後遺症を抱えるケースが多いです。また、出血した部分によっては命の危機にさらされる可能性もあります。特に血管の塊が再度破裂した場合、出現する症状や後遺症がより重くなる傾向があります。そうなると、今まで送ってきた生活が送れなくなってしまう等の状態となってしまう場合があります。このように、脳動静脈奇形は治療しないと命の危機に直面する事態となります。血管が塊を形成するという特徴から、一度破れてしまうと重大な後遺症が残ります。早期発見、早期治療が大切です。近年では医療も発達しており、幹細胞治療など再生医療も普及しています。傷つき機能できなくなった臓器も修復できる希望が持てるようになりました。そうは言ってもまだまだ万能というわけにはいきません。悪化して命を失ったり、重い後遺症に苦しむことがないように病気に対する意識を高く持つことが重要です。

カウンセリング

治療はどうするのか

後縦靱帯骨化症とは、後縦靱帯が骨になった結果、脊髄や神経が圧迫されて様々な症状が出る病気です。治療方法には主に外科手術と保存療法があります。外科手術では、前方法と後方法の2種類の術式が存在します。保存療法では、薬物療法や物理療法、理学療法が行われます。

病院

手術前に行うこと

脳動静脈奇形の手術までの流れは、まず検査から始まります。画像検査や血管造影検査、血液検査などを通して脳動静脈奇形の状態や全身状態を評価します。その後に治療方法を検討し、患者様から同意書のサインをいただいて手術申し込みが完了します。

骨格模型

病院の選び方

世田谷区でリウマチを専門的に診療している病院の選び方の一つは、自宅や職場からの通いやすさが挙げられます。また、その先生は薬物療法が得意なのか、それとも外科手術やリハビリが得意なのかによって病院を考えるのも一つの方法として挙げられます。

医者

どのような病気なのか

後縦靱帯骨化症とは、背骨の中に通っている後縦靱帯が骨になった結果、脊髄や神経を圧迫させて様々な症状を発生させる病気です。感覚障害や運動障害を引き起こします。治療法としては、経過観察や保存療法、手術が選択されます。

Copyright© 2018 危険な脳動静脈奇形は早期発見で予防!命の危険性がある All Rights Reserved.